上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは、スタッフの立石 蒔稀です。

今、悟空ではお盆の提灯をたくさん飾っています。
お買い上げの際には、精霊馬のローソクをプレゼントしています。

なので、今日はお盆飾りに「どうして牛と馬なのか?きゅうりとなすなのか?」のプチ雑学です。

かつては牛や馬は農耕生活の中で欠かせない動物だったそうです。
なので、お盆飾りに牛や馬はそうした生活を反映したものです。
お盆の時には、牛や馬を休ませ丈夫であるように祈ったとも言われています。

現在では先祖の乗り物として解釈されるのが一般的みたいです。

また江戸時代の文献には「7/13~15日まで、家々ではその祖先を祭り、そこには必ずナスの牛ときゅうりの馬を飾る」
と記したものもあります。

精霊馬
お盆に提灯を飾るお家は是非、牛(なす)と馬(きゅうり)を飾ってみてください。
スポンサーサイト
2015.05.11 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。