上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは、スタッフの立石 蒔稀です。

今日は、またまた色についての雑学です。
そもそも「色」ってなんでしょうか?
実は色を見るためにはいくつかの条件があるのです。

例えば、赤いリンゴは暗闇では何色に見えるでしょうか?
正解は「色はない」です。
暗いから見えないにではなく、ないのです。リンゴという物体があってもそこに色は存在しません。

色を見るためには、条件が3つそろって色を認識するのです。
それが、「光」、「物体」、「目」です。この3つが揃って私たちはリンゴを赤いと認識するのです。

お仏壇にも色はあります。
洋服ほどバリエーションがないものの、黒檀、紫檀、欅にシャム柿と個性があります。
ショールームに来ていただければ分かると思うのですが、この3つの条件をみたしてそれぞれ色の見え方は
違います。
カタログで見る色と実物で見る色は、必ずしも同じ見え方とは限らないのです。

是非、一度ショールームに足を運んでいただいて色を見比べてください。
楽しいですよ



スポンサーサイト
2015.04.27 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。