上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
     こんにちは。悟空スタッフの平野です。

 あと1ヶ月でお盆ですね。ご先祖様が家に帰られます。そろそろご先祖様をお迎えする準備をしている家庭もあることでしょう。お盆は元々、神道の祖霊祭りが始まりです。ご先祖様が帰ってくるという発想は神道の考え方なんですね。それがいつのまにか仏教の行事となりました。そもそも亡くなった方は近くの山に昇り、やがて徳をもたらす存在となって下ってくるという考え方(霊山信仰)があり、その山に昇っている間、お盆だけ降りてくるのでお祭りをしようという考えです。

 さて、ご先祖様が家に帰ってくるにあたっては、ご先祖様が自分の家に迷わず来られるよう提灯を吊るします。提灯の灯りを頼りにご先祖様が戻ってきます。ただ、どうしても提灯を飾る場所がないという時は、代わりにほおずきを玄関に置いておくとよいとする場合もあるようです。ほおずきが提灯に似ているというところからでしょう。提灯は菩提寺の住職に故人の戒名を記してもらいます。ここでまたご先祖様の目印となります。

 悟空ではまだ提灯を展示販売しております。まだ提灯の準備ができていないという方は是非おぶつだんの悟空まで!
 
スポンサーサイト
2015.07.15 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。