上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは。先日迷惑メールが来たので、それに迷惑メールを送りつけて撃退した悟空スタッフの平野です。

 今日は仏教の聖地でもある祇園精舎について書かせていただきます。

 祇園精舎と言えば平家物語の冒頭の一節・・・「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」でおなじみです。意味としては「祇園精舎の鐘の音には、すべてのものが絶えず変化しとどまることがない響きがある」という意味です。早い話が盛者必衰です(違うか(・・;))。

 祇園精舎はかの昔、釈迦の説法に心打たれたインドの商人がどうにかして自分の国(釈迦がいた当時のインドはいくつかの国に分かれていた)に来てほしいと考え、商人が住む国の王子に王子の土地を譲ってほしいと頼みます。しかし、王子は黄金を敷き詰めない限り譲らないと強気に出ます。そこで商人は本当に王子の土地に黄金を敷き詰めます。根負けした王子は商人から事情を聞き、王寺の土地を釈迦に提供します。また自身も釈迦に教えを乞います。これが祇園精舎と呼ばれるものです。精舎とは寺院のことです。

 釈迦の初期の寺院のため特別な寺院です。なので平家物語でも選ばれたのでしょう。ですが、平家物語のこの冒頭の一節は重大な誤りがあります。それは
祇園精舎に鐘はない
当時、祇園精舎に鐘はありません。なので鐘は響きません。当時、日本や中国の寺院に鐘があることは当たり前だったので、祇園精舎にも鐘があると勘違いしたのでしょう。ましてやインドのことですので知識などほぼ皆無だったのでしょう。

 現在は祇園精舎に鐘があります。10年ほど前、日本の有志が祇園精舎に鐘を寄付したからです。
スポンサーサイト
2015.06.30 / Top↑
 こんにちは ここ数日は梅雨とは思えない”カラッ”と晴天が続いて気持ちがイイですネ

  悟空スタッフ:細川が カード塗香をご紹介させていただきます

   塗香とは漢薬香料・天然香料を粉末にした、非常に細かい粒子のお香をいい 

 仏前で自らを清めるために、手や身体に塗って使用することから「塗香」と呼ばれています


          塗香カード 価格:¥950-(税込)

 
  使用用途: 参拝前、法要の前、写経を行う時などに精神を落ち着かせて心身を清め、
              邪気を近づけない様用います。

    体温で温めると香り立つ、深みや上品さを兼ね備えた落ち着いた香りが特徴的です

 ご紹介した ”カード塗香”は携帯に便利で、絵柄は小さな穴になっており、そこから塗香が少量でるしくみです

     
      収納にケースがついてるので安心

是非、おぶつだんの悟空へ足をお運びいただき 手に取り 香りをお楽しみ下さいませ

  
2015.06.29 / Top↑
2015062401001617.jpg
24日に虹の橋を渡って行かれた、和歌山県の貴志駅のたま駅長。
お勤め御苦労さまでした。

悟空スタッフの戸田です。
たま駅長に癒され続けてきた自分としてはまださみしさから抜け出せておりませんが、
やはり笑顔でお見送りするべきなのでしょうね。
猫缶のお線香は気に入っていただけるでしょうか?

image0628.jpg

みんなに笑顔をくれた素敵なにゃん生ありがとうございました。
安らかにお眠りください。
2015.06.28 / Top↑

こんにちは、スタッフの住友です (´∀`*)

先日、 麺や悟空 さんにラーメンを食べに行ってきました!

unnamed_201506271435591f4.jpg


北島にある「麺や悟空」さんですが、なんと!

偶然にも名前が同じということで、おぶつだんの悟空とコラボさせていただいております(*’-’*)

CIMG105b1.jpg


おぶつだんの悟空には、麺や悟空さんのお得な替え玉券も置いていますので

ぜひご利用ください~ da5a7afe6488ec3c113c84d3c6c6dc07e72d3125[1]

2015.06.27 / Top↑
本日のブログ担当井川です
以前から興味があり会社の自販機でおもいきって購入しました
KIRINさんの別格生姜炭酸!!
想像以上に生姜の味が濃厚でした!!
個人的にはかなり好きです♪
20150626_180438.jpg
2015.06.26 / Top↑
こんにちは。悟空スタッフ(研修中)の平野です。

先日、大学の部活の様子を見に車で行ってきました。ちなみに私は落研に所属していました。後輩に、今年の新入部員の人数を聞くとなんと…
人!!
もともと人数のいるような部活じゃないのでいよいよ廃部の危機に面しています(>0<)

そして前の日曜日にその落研が寄席を開いていたのですが、私は仕事で行くことができず。とりあえず後輩が演じた中で「笠碁」という演目を聴きこうと落研へ。

※笠碁…碁が好きな2人が碁を打つも、「待った」を巡って喧嘩別れしてしまう。しかし、お互い碁を打つ相手がいないため、根は仲直りしたいもののお互い意地を張る。ようやく一方が妻に言われるがまま相手の家へ行き、碁を打って仲直りしようとする話。

喧嘩しつつも仲の良さを表現する難しい話だが、笠碁を演じた後輩を見つけ、「演ってくれ」と頼むと
勘弁してくださいm(_ _)m」

と。また、今度聴かせてと約束させ、帰ってきました。

人情に富んだ「笠碁」、一度聞いてみてください。私のお勧めは五代目柳家小さん師匠です。
2015.06.25 / Top↑

こんにちは、スタッフの住友です (*´∀`*)ノ

先日、友人と一緒に 鳴門にある 「漁協食堂 うずしお」 に行ってきました!

漁師町「北灘」の海鮮食堂ということで、新鮮な魚料理がたくさんありました。

私はまぐろ丼を頂いたのですが、とっても美味しかったです ^^♪


食堂内には魚がたくさん泳いでいたので、ちょっとした水族館みたいでした~。

↓写真はサメです。
1434954042957.jpg

みなさん、ぜひ行ってみてくださいね294292a205243ba47b2f86c19d973f659afc439c[1]

2015.06.22 / Top↑
こんにちは、立石 蒔稀です。

蒸し暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

毎年、悟空で年4回発行されている”なごみ”の中からお盆号の一部を紹介します。

”線香花火”特集で、

線香花火は17世紀前半の江戸時代に誕生したそうです。
当時は藁(わら)の先に火薬をつけ、香炉や火鉢に立てて楽しむ花火で、
お線香のようだとして線香花火と呼ばれるようになったとか。

西東


関西は、藁の先に火薬がむき出しになった「ズボ手(ズボ手とは藁のこと)」、
関東は火薬を和紙に包んでこよりのようにした「長手」が主流です。
手間とコストがかかるため1990年代には国内で作られなくなりました。

そんな中、花火が華やかで繊細な表情を楽しめる国産品の復活を求める声が高まりました。
技術を伝えたいという思いから花火屋さんもそれに応え国産品の復活が実現しました。
しかし、作り手の職人さんが少なく国産品の値段は海外産より高値ですが、それでも需要は少しづつ伸びているそうです。

はかないけれど表情を変えながら楽しめる線香花火が私は一番好きです。
夏になると一人で楽しむときもあります。(暗いかな・・・笑い。)
今年は、国産品の線香花火を是非、試してみたいと思います。
2015.06.21 / Top↑
悟空スタッフ(研修中)の平野です。

私は朝、6時半に起きて朝風呂に入ってます。風呂から上がって準備をしてると必ずテレビを見てます。
私が見ているテレビで朝必ず見ているのが、ルパン三世です。

しかも山田康雄さんの声で。昭和時代のアニメでこれがまた、嵌ってしまいまして平日は必ず見てます。私のルパン三世のイメージは栗田貫一さんなのですが、よく聞くと声が違いますね…。
7時半からルパン三世を見るのが朝の楽しみです。(見れないときは録画してます!)

平日、毎日放送してるので懐かしみたい方は見てみてもいいかもしれないですね。
2015.06.20 / Top↑
悟空スタッフの戸田です。

いくつになっても子どもの心を大事にしたいなと思う今日この頃ですが、
度を過ぎた悪ふざけをネットにあげるのはあきませんね(>_<)
いや、ネットにあげなくてもダメですね(+_+)
20150619.jpg
嫌味にならない程度に、もう少しこの子を遊ばせたいなと思いますが
なかなかアイディアの神様が降ってきません(;一_一)

あ、お盆提灯のセール実施中です!!
綺麗な柄のお提灯をそろえて、親父ともども、お待ちしております!!
2015.06.19 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。